婚約指輪で愛を誓おう|プロポーズを成功させるカギ

金額は問題ではない

指輪

結婚の際に婚約指輪を贈る方はかなりいます。人気が高い理由は定番の婚約指輪を贈りたいだけでなく、身につけて欲しいという点もあります。中には相手にいらないと言われたから贈らない方がいるようです。ただ、本心ではないことが多いので、もっと相手の気持ちを考えるべきです。安いものでも構いません。

もっと見る

プロポーズの指輪

花嫁

婚約指輪は結婚をする前の段階である婚約の証として、男性が女性へ贈る約束の指輪です。相場は約33万円ですが、比較的に安価で準備できる手作りという手段もあります。時間も手間もかかるものなので、安価とか関係なく手作りで婚約指輪を準備するのも良いと思います。

もっと見る

大切な指輪の選定ポイント

新郎新婦

婚約指輪は、女性にとっては僅かな期間しかつけない、大切な記念品です。後悔のないよう、女性の心から気に入ったデザインを選び、またダイヤについては予算との兼ね合いも考え、二人にぴったりのものを選ぶようにしましょう。

もっと見る

婚約の証となるもの

カップル

時間に余裕を持って決める

婚約指輪は、男性から女性へと結婚を申し出る時に贈る指輪のことです。必ずしも贈らなくてはいけないものではないですが、贈ったほうが喜ばれることが多いとされています。女性はアクセサリー好きな人も多いため、贈って損をすることはないと言われています。婚約指輪は、主に男性が決めたり妻になる女性と一緒に決めるケースが多いと言われています。一般的に、結婚する一年前には購入する婚約指輪を探し始め挙式をする半年くらい前には両家の顔合わせを行うので、その時には用意しておく必要があります。注文すればすぐに手に入るというわけではなく、2か月から3か月はかかることが多いです。オーダーメイドするとなるともっと時間を要するため、指輪を決める際は余裕をもって決めるようにします。

渡し方を考える

婚約指輪は、これから妻になる女性へと結婚を申し込むための指輪です。人生で一度しかない瞬間であり、もっともロマンチックな瞬間でもあるため渡し方を考える必要があります。多くの男性は、そのまま渡すのではなく何かしらサプライズをして渡していると言われています。クリスマスや誕生日など、何かのイベントの時など盛り上がる場面で渡したり、落ち着ける場所にいる時、旅行先でなどあらゆる場面で渡す機会はあります。一生の思い出の一つになるように、渡し方を考えながら渡すと喜ばれることが多いと言われています。渡し方や、シチュエーションなども想像しながら婚約指輪を選ぶようにすると良いと言えます。計画は入念に練って決める必要があります。